Placenta(胎盤、たいばん、プラセンタ)とは

Placenta(胎盤、たいばん、プラセンタ)とは、哺乳類の雌の妊娠時、子宮内に形成され、母体と胎児を結ぶ器官のことをいいます。
母体由来の基底脱落膜と胎児由来の絨毛膜有毛部とから構成されており、形態は種により異なっています。
胎盤の主な機能は母体側と胎児側の代謝物質交換、ガス交換や胎児側への免疫学的支援です。

胎盤は分娩時、胎児のあとに後産として娩出されます。
産後に羊膜等と一緒に胎盤を食べる動物は多く、栄養補給としてだけでなく、血の臭いを消して捕食者に狙われにくくされるためとも考えられています。

人間でも、健康のために産婦自身や家族が産後に胎盤を食べる胎盤食の文化が世界各地で見られます。

また、ブタやウマ、ヒト等の胎盤が、医薬品・化粧品・健康食品等に利用されていいます。
日本語で「胎盤」というイメージではなく売るためか、英語でプラセンタとしてよく販売されています。

↓↓↓ プラセンタ100に関する詳しい情報はこちらからどうぞ ↓↓↓
初回限定プラセンタ100お試しトライアルセット