アトピーに効果があるプラセンタ

アトピー性皮膚炎の患者さんにプラセンタの効果が感じられない事はほとんど無いようです。
しかし、かゆみがおさまったり、皮膚炎が治ったりといった効果に必要な量は個人差があります。

アトピー性皮膚炎になると、かゆみを抑えるためステロイド剤を服用することがおおいですが、長期間服用していると、皮膚が薄くなったり、湿疹ができることがあります。


そこでプラセンタを併用されることがあります。
主にプラセンタ製剤のラエンネックを筋肉注射することが多いです。
また、内服することもあります。

プラセンタを筋肉注射や塗ったりすると、かゆみが抑えられるとともに、皮膚の代謝が早まり皮膚がきれいになります。

↓↓↓ プラセンタ100に関する詳しい情報はこちらからどうぞ ↓↓↓
初回限定プラセンタ100お試しトライアルセット